家族の文化祭 2019年秋 出店者紹介 【Blow the Whistle】

最終更新日

Comments: 0

家族の文化祭とは

11月4日(月)、dogdeco HOMEが店舗を構えるコミュニティステーション東小金井にて家族の文化祭を開催いたします。地域で暮らす仲間を家族ととらえ、家族みんなで楽しめるイベントを目指す『家族の文化祭』。あたらしい日常料理のふじわら・coupé・safuji・ヤマコヤ・dogdeco HOMEのatelier tempoメンバーが、飲食・クラフト・ワークショップ・音楽を複合させたイベントを企画し、毎年、春と秋に開催しています。家族の一員である愛犬にも楽しんでもらえる、おやつの作り手やペットグッズブランドも出店いたします。愛犬と一緒にぜひ遊びにいらしてください。

【家族の文化祭】
 開催日時:11月4日(月) 10:00-16:00
 開催場所:コミュニティステーション東小金井
      (JR中央線 東小金井駅高架下)
 ペット関連出展者:
・atelier kiji (オーダークッション・アクセサリー) 
・mannine (ドッグウエア・小物)
・more more TREATS! (犬のおやつ)
・Blow the Whistle (ペットグッズのオーダー・ワークショップ) 
・call my name 原発被災地の犬猫たち (写真展示・写真展パンフレットとカレンダー)
・SLOW 老犬と暮らして(冊子タケ〈作:小林マナ/絵:鹿児島睦〉販売)
・dogdeco HOME (ペットグッズ)

その他、飲食、クラフト、ワークショップ、音楽イベントなどの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/kazokunobunkasai

ペットと人のためのブランド Blow the Whistle

ポップでカラフルな色使いが目を引く『Blow the Whistle』のアイテム。
そのブランド名の通り、思わず口笛を吹きたくなってしまうような、楽しくてワクワクするアイテムを提案しています。見た目の楽しさはもちろん、『道具』としての機能性にこだわったものづくりと、ペットと人の暮らしがより豊かになるように、と込められた想い。その魅力をみなさまにも知っていただき、『Blow the Whistle』を、家族の文化祭を、より楽しんでいただけたらと思います。
アトリエにお邪魔し、デザイナーの山崎依美さんにお話を伺ってきました。

初めて作ったカラーリード 自称『アレキサンダー・ジラード色』

「『Blow the Whistle』のアイテムはアメリカ製のパラコードというナイロン100%の紐をすべて手作業で編んでつくっています。パラコードは元々パラシュート用に使われていた紐で、軽くて丈夫、水にも強いという扱いやすさから、特に海外では手軽で幅広く使える定番の細紐として、アウトドアのさまざまなシーンで使われています。
強度としなやかさを兼ね備え、外でも使える。
熱で溶かせば端部の処理も綺麗に施せる。
発色の良い、豊富なカラーバリエーションがある。
ポップな配色は、使う人の気持ちを楽しくしてくれるし、目立ちやすいという点では、犬たちの安全性にもつながる。
また、編んで作るというのは応用が利くし、編むことによって強度も増す。パラコードは犬具の材料として最適な素材だと思ったんです。」

パラコードを編む山崎さんの手元

「ブランドを立ち上げたばかりの頃は、コーデュラナイロンを使ったベストタイプのハーネスなど、布を用いたアイテムを作ったりもしていましたが、試行錯誤の末、パラコードを使ったアイテムのみの展開に落ち着きました。」

dogdeco伊勢丹新宿店にて行われた初期の頃のイベント

「大切な家族の一員が使う道具なので、強度や品質管理、安全性には特に気をつけています。カラー・リードの製作を外注せずに、すべて自分の手で1点1点丁寧につくっているのもそのためです。試作や検証、モニタリングを重ねて、自分たちが本当に欲しいと思える、使いやすく安心安全なものだけを商品化しています。」

愛犬ブルーナからの贈り物

初代愛犬 ブルーナ

子供の頃からものづくりは山崎さんの身近にありました。
山崎さんのお母さんは家事と育児の傍ら、内職で洋裁の仕事をしていました。その影響で、子供の頃から編み物や縫い物に夢中になり、刺繍やビーズの世界に没頭し、黙々と手を動かすことが自然と習慣になっていきました。
高校卒業後は服飾大学への進学を希望していましたが、甘い世界ではないとご両親から反対され、地元 仙台の大学の英文学科に進学しました。大学に通いながら、仙台のファッションビルで販売員のアルバイトをしていましたが、アパレルの世界への憧れはやはり捨てきれず、卒業後はアルバイトをしていたブランドの本社に就職し、上京。
そして、アパレルブランドの営業・プレスとして10年間過ごした後、株式会社 良品計画の企画デザイン室に活動の場を移しました。

「アパレルブランドを退職して、良品計画に転職するまでの間に、当時の愛犬 6才のフレンチブルドッグ ブルーナに脳腫瘍が見つかりました。ベッドから転げ落ちたりと、何だか様子がおかしいな、と思って病院に連れて行った時にはすでに余命2か月の状態でした。少しでも可能性があるならば、と脳腫瘍を切除する手術の段取りをしていたのですが、手術予定日を迎える前にブルーナは亡くなりました。」

初代愛犬 ブルーナ

「ブルーナは元々とてもおとなしく、まったく手のかからない子でした。私がずっと家に居られるタイミングとブルーナの闘病期間が被ったことは、ただの偶然とは思えませんでした。また、私たち夫婦はブルーナが我が家に来た頃からブルーナのために貯金をしていたんですが、手術費に充てようとしていたその貯金は用途を失い、そのまま手元に残りました。これもブルーナが、今後の私たちのために残してくれたような気がしています。」

初代愛犬 ブルーナ

「転職活動を始めた当初はもう少し長く、仕事を休んでゆっくりしようと思っていたんですが、ブルーナが亡くなって一人で家にいることが辛くなり始めた頃、良品計画のデザイン室に空きが出て、転職が決まりました。このタイミングも、ブルーナが背中を押してくれたような、そんな気がしています。
不思議と重なった偶然は、ブルーナから私たちへの贈り物だったんじゃないかな、と思っています。」

人生の転機には愛犬の存在

二代目愛犬 ミッフィー

子供の頃から犬を飼うのが夢だったという山崎さん。
ご主人も山崎さんと同じく、子供の頃からずっと犬との生活に憧れていたそうです。ご夫婦とも、子供の頃は犬を飼うことができず、近所の犬を撫でに行ったりしていたのだとか。

結婚を機に迎えたブルーナが2012年夏に亡くなり、その年の秋にミッフィーがやってきました。
ブルーナと同じフレンチブルドッグの女の子。
ブルーナはブリンドル、ミッフィーはクリーム色です。

子犬の頃のミッフィー

「ブルーナが亡くなった寂しさから、もう犬は飼いたくないという気持ちと、また犬と一緒に暮らしたいという気持ちの間で、しばらく悩んでいましたが、私たち夫婦にとって愛犬の存在は、家族の一員として、既になくてはならないものになっていました。やはりもう一度愛犬との生活を始めたい、そう思い、迎えたのがミッフィーです。」

子犬の頃のミッフィー

「ミッフィーのためのカラー・リードを探していたところ、満足のいく物が見つからず、それならば、と自分たちで一組のカラー・リードを作りました。それが『Blow the Whistle』を始めるきっかけになりました。」

ブランド立ち上げ当初のイベント

「たまたま私の作ったものを、インテリアショップ『プレイマウンテン』を手掛ける『ランドスケーププロダクツ』の池田陽介さんの目に留めていただき、そのご縁でペットグッズブランド『FLAVOR.』で扱っていただけることになったんです。体制が整わないうちに、先に取引先が決まり、あれよあれよという間に仕事になっていきました。もともとものづくりを業としていたので、その経験や感覚、生産背景のおかげで商売として形になるまではすごく早かったです。
2014年の春頃、『FLAVOR.』の神山さんにお誘い頂いたイベントで、『dogdeco』の池田さんからお声掛けいただいて、『dogdeco』での取り扱いを始めていただきました。」

dogdeco POP UP STOREにてBlow the Whistleのアイテムを展開

ブルーナが亡くなって間もなく転職が決まり、ミッフィーのために作ったカラーリードをきっかけに『Blow the Whistle』がスタート。

山崎さんの転機には二人の愛犬の存在が大きく関わっていました。

そして2017年にはお子さんが生まれ、家族は3人と1ぴきに。

ミッフィーと弟

「犬の姉と人間の弟という、いきものの種別を越えた二人の姉弟関係はとても微笑ましいです。息子が生まれたばかりの頃はミッフィーはやきもちを焼いてばかりでした。今はお互いに遊びを邪魔されたり、いたずらをしたりと、小競り合いの日々ですが、それでもお互いのことは大好きみたいです。気づくとふたりで一緒に寝ています。」

Blow the Whistle のこれから

山崎さんのご主人とミッフィー

『Blow the Whistle』を立ち上げた2013年からの5年間、『良品計画のイベント企画運営』と『Blow the Whistleデザイナー』という二足のわらじで活動してきた山崎さん。お子さんが生まれたのを機に良品計画を退職し、子育てをしながら『Blow the Whistle』一本に絞って活動していくことを決めました。

「元々はパタンナーである夫と始めたのですが、今は地元にいる母にも製作の一部を請け負ってもらっています。信頼する家族とだからこそ、『Blow the Whistle』を続けることができています。
子供が生まれてからは生活がガラッと変わり、それに合わせて仕事のスタイルも変えざるをえなくなりましたが、『Blow the Whistle』は自分が始めたブランドですし、代えがききません。やり始めたからには、続けていきたいと思っています。」

山崎さんのご主人とお子さんとミッフィー

「お客様と直接対話をすると、人一人、必要な道具や好みもすべて違うのだと実感します。手作りという特徴を生かして、今後はお客さまの細かな要望にお応えできる環境・体制を整えていきたいと考えています。また、これまでに培ってきたノウハウを使って、『人の生活を快適にする道具』を作っていきたいと思っています。ペットグッズはその中のひとつ。今後も信頼する家族と一緒に『Blow the Whistle』を育てていきたいと思っています。」

犬とともに生きる人と、人とともに生きる犬が、しあわせであるために

山崎さんファミリー

愛犬・愛猫と暮らす私たちの生活をより豊かなものにしてくれる『Blow the Whistle』のアイテム。『Blow the Whistle』の魅力をより多くの人に知っていただくことで、また一人、また一頭が、すこしでもしあわせになれますように。

『Blow the Whistle』は家族の文化祭にて、受注会・ワークショップ・在庫販売を行います。

【家族の文化祭】
 開催日時:11月4日(月) 10:00-16:00
 開催場所:コミュニティステーション東小金井
      (JR中央線 東小金井駅高架下)

Blow the Whistle webサイト
Blow the Whistle Instagram

(取材・文=平尾)

dogdeco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする