家族の文化祭 2019年秋 出店者紹介 【mannine】

最終更新日

Comments: 0

家族の文化祭とは

11月4日(月)、dogdeco HOMEが店舗を構えるコミュニティステーション東小金井にて家族の文化祭を開催いたします。地域で暮らす仲間を家族ととらえ、家族みんなで楽しめるイベントを目指す『家族の文化祭』。あたらしい日常料理のふじわら・coupé・safuji・ヤマコヤ・dogdeco HOMEのatelier tempoメンバーが、飲食・クラフト・ワークショップ・音楽を複合させたイベントを企画し、毎年、春と秋に開催しています。家族の一員である愛犬にも楽しんでもらえる、おやつの作り手やペットグッズブランドも出店いたします。愛犬と一緒にぜひ遊びにいらしてください。

【家族の文化祭】
 開催日時:11月4日(月) 10:00-16:00
 開催場所:コミュニティステーション東小金井
      (JR中央線 東小金井駅高架下)
 ペット関連出展者:
・atelier kiji (オーダークッション・アクセサリー) 
・mannine (ドッグウエア・小物)
・more more TREATS! (犬のおやつ)
・Blow the Whistle (ペットグッズのオーダー・ワークショップ) 
・call my name 原発被災地の犬猫たち (写真展示・写真展パンフレットとカレンダー)
・SLOW 老犬と暮らして(冊子タケ〈作:小林マナ/絵:鹿児島睦〉販売)
・dogdeco HOME (ペットグッズ)

その他、飲食、クラフト、ワークショップ、音楽イベントなどの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/kazokunobunkasai

ファッションプリントブランド mannine

2019年7月に伊勢丹新宿店にて開催した『dogdeco happy week』において、一際目を引く色鮮やかなテキスタイルで人気を博した『mannine』。テキスタイルデザイナーの岸本万里さんが「プリントを身につけることを楽しんでもらいたい」というコンセプトのもと、2014年A/Wより生地・洋服・小物などのアイテムを中心にスタートしたファッションプリントブランドです。遊び心を閉じ込め、旅に持って行きたくなる服をテーマに、着心地の良い服を作っています。
子供の頃から生粋の愛犬家であるデザイナーの岸本さん。ご自身にとっても、家族の一員である愛犬たちにとっても、心地良い服を作りたいという思いから、2019年A/Wより『mannine dog and cat』をスタートしました。
愛犬・愛猫たちとの生活に彩りを添え、日常をより豊かなものにしてくれる『mannnine』のアイテム。岸本さんがブランドに込めたメッセージを、皆さまにも知っていただき、『mannnine』の世界を、家族の文化祭を、より楽しんでいただけたらと思います。
アトリエにお邪魔し、デザイナーの岸本さんにお話を伺ってきました。

mannineのものづくり

mannineのテキスタイル

カラフルな世界に登場する、見たこともない生き物たち。2足歩行だけど、顔は鳥だったりロバだったり?!モチーフは動物だけでなく、葉っぱや花であったり、幾何学模様に見える何かであったり。『mannnine』のワクワクする不思議な世界にあっという間に引き込まれてしまいます。

岸本さんのスケッチ

「動物たちから私たち人間はどんな風に見えてるのかな、と考えてみたりします。人間を馬鹿にしているかもしれないし、羨ましく思っているかもしれない。自分たちもおしゃれをしたいと思っているかもしれない。動物をモチーフにしたデザインは、そんな私の想像を表現しています。
幾何学模様に見えるデザインも実は地図や街をモチーフにしていたり、一見、抽象的に見えるデザインも、私の中では明確なモチーフをイメージして描いています。でも、どう捉えるかは見る人次第。見る人、着る人、使う人が、自由な発想でその世界を楽しんでもらえれば、と思っています。」

岸本さんのスケッチ

使い手の気持ちや発想で、自由に楽しんでもらいたいという岸本さんですが、岸本さんの目から見た世界はこんなにもユーモアに溢れ、鮮やかに見えているのだとしたら、そのフィルターを通して世界を見てみたいなぁと思ってしまいます。

Living roomのトートバッグ

「『mannnine』は私たちが欲しいと思うものだけを作る、楽しいと感じることだけをする、というのをルールにしています。好きなものに囲まれていると心が満たされるし、無理して格好つけたり、気取ったりする必要はないと思っています。自分がやりたいことをやる、好きなものを作る。私はまっすぐな線が描けないし、絵もヘタクソだけど、自分の好きな絵を描きたい。今の気分を表現したり、過去の自分を振り返るような作品も作ってみたい。やりたいことはたくさんあるし、いろいろなアイディアが溢れてきます。有名になりたいとか、たくさん売りたいとか、そういう気持ちはないんです。『mannnine』を好きになってくれた人、一人一人に向き合って、喜んでもらいたい。気になったことはまずはやってみる。やってみて違うな、と思ったことはやめる。楽しくできないことはやらない。誰かに媚びたり、流行を気にしたり、背伸びしたりせずに、本当にやりたいこと、楽しいと思えることだけを続けていきたいと思っています。」

アトリエでの岸本さん

「『mannine』では、ハギレはくるみボタンやポーチ等の小物に姿を変えます。洋服の縫製工場から出た大量のハギレは、数種類を組み合わせてセットにして販売しています。切りっぱなしの様々な形のハギレを、柄のバランスよく四角い形に整える作業は、障がい者就労支援事業所の方に業務委託しています。障がい者の方が働く環境では、労働に見合った対価を支払われないことが多いと聞いて疑問を感じ、この仕事をお願いするようになりました。ただ少し時間が多くかかるだけなのに、平等に扱われないことはおかしい。留学中に出会った色々な国の友人たちが、人種によって不当な扱いを受ける姿を間近で目にしたことも、今の私の考え方につながっています。」

mannineのハギレセット

自然体であること、自分に正直であること。ライフスタイルの中にあらゆる境界線を作らず、フラットに柔軟にありたいという岸本さん。仕事の仕方や、人間関係においても、それは同じ。作り手も、使い手も、伝え手も、みんなが楽しく幸せになれるブランドを目指して活動されています。

デザインを学ぶため、イギリスへ

岸本さんの幼少期

ご両親がアパレルの仕事をしていたこともあり、小さな頃からミシンやアイロン、刺繍糸などが遊び道具だったという岸本さん。作ることの楽しさは、子供の頃から自然と身についていきました。高校卒業後は服飾の短期大学に進学しましたが、思っていたようにデザインが学べず、卒業後イギリスへ。はじめはカンタベリーにある大学のプレコースに入学して3か月過ごしましたが、もっと刺激が必要と感じ、ロンドン芸術大学のセントマーチンズ美術大学に入学しました。

ロンドンで過ごした学生時代

「ロンドン芸術大学”University of the Arts London”
日本ではファッションを『芸術』という枠の中で学ぶことがあまり一般的ではありません。ファッションを学ぶとしたら、私のように服飾大学や専門学校という選択をする人が多いと思います。ロンドン芸術大学はアート、デザイン、ファッション、コミュニケーション、パフォーミングなど芸術分野を中心とした、英国国立の6カレッジからなる大学で、ファッションも芸術の一つとして学ぶことができるんです。短大でも、カンタベリーの学校でも自分の思っていたように学べなかったことが、セントマーチンズなら学べるんじゃないかと思って、進学を決めました。」

学生時代の作品

「セントマーチンズではファッション科に進学して、ファッションプリントを専攻しました。テキスタイルには織物・編物・プリント等の技法がありますが、絵を描くことや色の組み合わせに興味があった私は、自分のやりたいことを具体的に表現するために、プリントを選択しました。絵を描くことも、ファッションも、どちらも好きで、それらを別々のものとして考えるのではなく、ひとつのものとして表現したい。ファッションは絵ではなく、人が着るという行為ありきで考えるもの。服として着た時の見え方をイメージして、テキスタイルのデザインを考える必要があります。」

はじめは言葉もわからないまま、イギリスに渡ったという岸本さん。(すごい!)言葉でうまく伝えられないものも、ビジュアルでは伝えることができる。プリントという表現方法を選んだのは、そんな理由からでもあったそうです。

「両親は私がやりたいと思うことに反対はしなかったんですけど、やりたいことがあるなら自分で何とかしなさい、という感じで。在学中、休学して日本に帰って学費を稼いだら復学して・・・というのを繰り返し、10年かけて卒業しました。」

岸本さんの作ったワンピースを着る女装家の恩師

「セントマーチンズの授業はちょっと変わっていて、教科書はないし、決まっているのは本当にざっくりとした時間割だけ。どんな解釈をして、どんなものを作るか、時間配分も、何もかも生徒たちの自主性に全て任せられていました。学校にはとても魅力的な友人や先生たちがいたし、たくさんの刺激を受けながら、毎日朝から晩まで学校で製作に没頭していました。フラットシェアしていた友人たちの人種は様々で、それぞれの文化に触れることも、とても刺激になりました。」

岸本さんが影響を受けた作家Grayson PERRYの作品集

卒業後はヨガウエアブランド『LuLu Lemon』のプロジェクトに携わる為、カナダへ渡りましたが、自分のライフスタイルがブランドの方向性と一致しないことに違和感を覚え、日本に帰国。2013年にファッションブランド『mannine』を立ち上げ、初めてのコレクションを発表しました。2014年からは伊勢丹新宿店のクローバーショップにて、どんな体型の人でも快適に着られる服や、ポーチ等の小物の展開を始め、少しずつ活動の幅を広げています。

動物との生活

愛犬シャーロックと岸本さん

「子供の頃は雑種の中型犬の女の子を飼っていました。私が小学生の頃、父が飲み屋で居合わせた別のお客さんからもらってきたんです。その人が飼えなくなってしまったから、誰か引き取り手を探していたとかで。家に来た時はまだ生後半年ぐらいの子犬でした。15歳で事故に遭うまで、外飼いでしたがずっと元気でいてくれました。当時は犬を外で飼うのが当たり前でしたし、ご飯も人間の残飯を食べていました。犬に服を着せるという発想も全くなかったですね。でも、子どもの頃から犬は家族として、大切な存在でした。」

留学中、友人が飼っていた黒猫のシェリフ

「留学中はフラットシェアしていた友人が黒猫のシェリフとイングリッシュコッカースパニエルのマイロを飼っていました。慣れない土地での生活の中、たくさんの癒しをもらいました。帰国してからはチワワ2匹と一緒に暮らしています。今では動物と一緒に生活することが、私にとって当たり前で自然なことになっています。」

留学中、友人が飼っていた
イングリッシュコッカースパニエルのマイロ

「でも、実は犬猫のアレルギーなんです。子供の頃飼っていた子は外飼いだったのであまり影響がなかったんですけど、ロンドンで一緒に暮らしていた黒猫もなぜか大丈夫で。黒毛の子ならアレルギーは出ないという話をどこかで聞いて、日本に帰ってきてから、黒毛の子と縁があったら迎えたいと思っていたんです。そんな時に出会ったのがブラックタンのチワワ シャーロックでした。」

愛犬シャーロック

「先に迎えたシャーロックとは、たまたま訪れた近所のホームセンターで出会いました。その時、既に6か月くらいになっていて売れ残っていたんです。ガリガリにやせ細って、毛も抜け落ちてしまっていて。出会った瞬間に、この子だ!と感じて、そのまま家に連れて帰ってきました。その後、やってきたポワロはシャーロックがペットショップで見初めて、家族の一員となりました。」

愛犬シャーロックとポワロ

「留学中、フランスでインターンとして過ごしていた時に、公園でしつけのために犬を叱っているだけで愛護団体に通報されている人を見かけることがありました。フランスではノーリードで一緒に散歩している人がほとんどでしたし、犬が一つの命として大切に扱われているのを感じました。向こうで暮らす犬たちは子犬のうちに、訓練を受け、人間と共生するためのマナーを身に付けます。日本に帰国してから、リードでグイグイ犬を引っ張って散歩する人を見かけたり、キャリーに入れないと犬が電車に乗れないことなど、日本のペット事情を知って、衝撃を受けました。人間にとってもペットたちにとっても快適な社会を作っていくためには、人間目線だけで物事を考えないこと、自然や動物と共生していることを忘れず、お互いを思いやることが大切だと思います。」

mannineのこれから

mannineのワンピースとドッグウエア

犬たちとの共存が生活の前提にあり、好きなものに囲まれた心地よい暮らしを理想とする岸本さん。2019年からスタートした『mannine dog and cat』では『mannine』のテキスタイルを使った愛犬・愛猫のウエアを提案しています。着心地や動きやすさ、着せやすさを考慮し、パターンにダーツを入れるなど、細かな部分にまで工夫がされています。

mannineのウエアと愛犬シャーロック

「大切な家族の一員である愛犬・愛猫、彼らとの生活をより豊かにするものを作りたいと思っています。『mannine dog and cat』は始めたばかりで、サイズの展開はXS/S/Mの3種類のみですが、今後、より多くの犬種にも着てらえるよう、サイズも形もバリエーションを増やしていきたいと思っています。また、今後は多様なライフスタイルに合わせた提案をしていきたいと思っています。」

犬とともに生きる人と、人とともに生きる犬が、しあわせであるために

mannineのウエアと愛犬シャーロック

愛犬・愛猫と暮らす私たちの生活をより豊かに、カラフルなものにしてくれる『mannnine』のアイテム。『mannnine』の魅力をより多くの人に知っていただくことで、また一人、また一頭が、すこしでもしあわせになれますように。

『mannnine』のアイテムは家族の文化祭にてお買い求めいただけます。

【家族の文化祭】
 開催日時:11月4日(月) 10:00-16:00
 開催場所:コミュニティステーション東小金井
      (JR中央線 東小金井駅高架下)

mannine webサイト
※店舗を持たないため、商品はイベントなどのPOP UPストアを中心にご紹介しております。
詳しくはinstagram @mannine.official または @mannine09にてご確認ください。

(取材・文=平尾)

dogdeco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする