小金井の桜

最終更新日

Comments: 0

dogdecoのHOME 小金井市

東京都とは思えないほど緑多く、自然あふれる場所です。
この春ぜひ、東小金井駅高架下atelier tempo にお店があるdogdecoHOME から愛犬を連れて、散歩がてらゆるりと桜めぐりはいかがでしょうか。新宿から中央線に乗ること、約20分。やさしい春にふれることができます。

小金井の桜まつり

梅の花びらがひらひらと舞う卒業シーズンのこの時期、日中の陽射しはぽかぽかと春めいてきました。ここ小金井ではふっくらとはちきれそうな桜のつぼみをいたるところで目にすることができます。もうすぐ開花の小金井桜。愛犬を連れて、ご家族と楽しみにいらしてください。

中央線をはさみ、小金井公園の反対側に位置する武蔵野公園。野川沿道のしだれ桜もそれはそれははっと息をのむほど美しい。一日丸ごと楽しめるお散歩コースは、東小金井駅下車となります

小金井と文学

かの歌川広重も小金井の風景を数多く手がけているほど、玉川上水の桜並木は、名勝小金井桜として知られることでも有名です。
玉川上水には立派な鯉も数えきれないほど生息し、橋の通行人になんと元気よくエサを催促するのです。

武蔵野といえば国木田独歩の小説『武蔵野』。
独歩は、雑木林、玉川上水の美しさを発見した明治時代の文学者であり、小説『武蔵野』にこんな一節があります。

今より三年前の夏のことであった。
自分はある友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から(武蔵)境まで乗り、そこで下りて北へ真っ直ぐに四五丁ゆくと桜橋という小さな橋がある。それを渡ると一軒の掛茶屋がある。その茶屋の婆さんが自分に向かって、「今地時分なにしに来ただあ」問うた事があった。自分は友と顔を見合わせて笑って、「散歩に来たのよ、ただ遊びに来たのだ」と答えると、婆さんも笑って、それも馬鹿にした様な笑いかたで、「桜は春咲くことを知らねえだな」と言った。そこで自分は夏の郊外の散歩のどんなに面白いかを婆さんの耳にも解るように話してみたが無駄であった。東京の人はのんきだという一言で消されてしまった。

(略)

茶屋を出て、自分等は、そろそろ小金井の堤を、水上の方へとのぼり初めた。ああその日の散歩がどんなに楽しかったろう。成程小金井は桜の名所、それで夏の盛りにその堤をのこのこ歩くも余所目には愚かに見えるだろう。しかしそれは未だ今の武蔵野の夏の日の光を知らぬ人の話である。

国木田独歩『武蔵野』

独歩も述べているように、小金井は「桜の名所」。江戸の昔から「桜の名所」。でも、独歩もいうように緑したたる夏の木陰もすてきです。もちろん紅葉の秋も。そして、落葉の冬も。落葉もすっかり見かけられなくなりました。もう「春」です。小金井の春「小金井の桜」の季節です。

また、別の章では

武蔵野に散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方へゆけばかならず其処に見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。武蔵野の美はただその縦横に通ずる数千条の路を当てもなく歩くことに由て始めて獲られる。

国木田独歩『武蔵野』

と述べています。

ここ小金井は縦横無尽に小路がのびており、目的地を定めずとも彩りゆたかな自然が目にできるのです。

そして映画にもなった大岡昇平の『武蔵野夫人』の冒頭にはこうあります。

土地の人はなぜそこが「はけ」と呼ばれるかを知らない。

大岡昇平『武蔵野夫人』

そこに続く、はけの森からはじまる恋愛小説には、丹念な小金井の自然描写があり、一読することでさらに小金井が魅力的な場所に感じられます。映画「借り暮らしのアリエッティ」のモデルにもなったはけの小路、湧水が流れる小川沿いの風情ある小路。ひんやりとした空気が心地よい、愛犬と歩くのに最適な道です。

はけの小道

dogdeco がおすすめする愛犬とのお散歩コースは「はけの小道」、「ムジナ坂」、「武蔵野公園のくじら山」。抜けるような青空と木々の調和は、愛犬との散歩をより幸せな時間に。

お散歩におすすめのdogdecoおやつ

良質なタンパク質とミネラルで代謝を促ししっかり歩こう。
長時間持ち歩いても大丈夫!

国産 鶏のささみ細切り

国産鶏のささみを細くカットし、小型犬でも食べやすいソフトな固さに仕上げてあります。ささみは脂肪分が少なく、高タンパクで消化も良く、ペットには非常に適したおやつ。

国産 スイートポテト&チキン 

良質な国産鶏と九州で採れるさつまいも黄金千貫を使用して作られたヘルシーなおやつ。小さく折って与えられる硬さに仕上げています。

野生鹿 ドライ・トライプ

鹿の胃の内容物 (草、木の芽・実、樹皮 他) であるグリーントライプを乳酸菌や酵素などの栄養素を壊さずに48度以下の低温で乾燥させたドライ・トライプ。乳酸菌や消化酵素が含まれていますので、胃腸の働きを助け、体の調子を整えてくれます。もちろん、無添加です。

お求めはドッグデコオンラインショップから。

文学、桜、公園、家族、そして愛犬。
dogdecoHOMEとあわせてお楽しみいただける小金井の春だと思います。小金井を、dogdecoの魅力を確かめにいらしてください。

来月21日は、東小金井駅ateliertempoを中心に年2回開催される「家族の文化祭」も開催いたします。今回は伊勢丹新宿店でのイベントではおなじみの4組を含む、愛犬愛猫家にはたまらない6組の作り手たちが大集結します。

・atelier kiji (クッション・アクセサリー)
・moremore TREATS! (犬のためのおやつ)
・pecolo (インテリアペットブランド)
・erva(ドッグスリング専門店)
・WOLF GANG MAN & BEAST
・WAMPERS

ご家族でお楽しみいただけるイベントも盛りだくさんです。

詳細は随時更新中のInstagram@dogdeco またはHPをご覧ください。

(取材・文=齋藤)

dogdeco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする